《「おおね」を音読みにした語》

  1. アブラナ科の越年草または一年草。白い長大な円柱状の根をもつ。葉は長く、羽状に深く裂ける。春、約1メートルの茎が伸び、淡紫色または白色の多数の花が咲く。ヨーロッパの原産で、日本には古く中国から渡来。根・葉を食用とする。春の七草の一。すずしろ。つちおおね。だいこ。 冬 花=春》「流れゆく―の葉の早さかな/虚子

  1. 「大根役者」のこと。演技力のない役者をあざけっていう語。→大根役者[補説]

出典:青空文庫

出典:gooニュース