• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 規模の大がかりな芝居。また、名優が多く出演する芝居。

  1. 目的を遂げるために、運を天にまかせて行う、人目を欺くはかりごと。「大芝居を打つ」

  1. 江戸時代、幕府公許の劇場。江戸では、中村市村森田(のちに守田)の三座。→小芝居 (こしばい) 

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉