• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《動詞「如 (し) く」の未然形+打消し推量の助動詞「じ」》
  1. …に及ばないであろう。…に越したことはないだろう。

    1. 「ただ色このまざらんには―」〈徒然・二四〇〉

  1. (副詞的に用いて)

    1. ㋐むしろ。いっそのこと。

      「かかる憂き目にあはんよりは、―、ただ死なばや」〈仮・伊曽保・中〉

    2. ㋑たしかに。絶対に。

      「―此の義において、日本の神ぞ他言は申さず」〈浮・伝来記・七〉