江戸時代の銀座役人の世襲名。初代の湯浅作兵衛は徳川家康の命により銀改役 (あらためやく) となり、大黒常是の名を与えられた。のち、代々その名を世襲し、銀貨に「常是」「宝」の文字や大黒天像を極印し、包封の特権をもった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉