[動ガ下一][文]うちあ・ぐ[ガ下二]
  1. 空高く上げる。「外野フライを―・げる」「ロケットを―・げる」

  1. 波が物を岸辺に運び上げる。また、波が打ち寄せて岸に上がる。「浜に―・げられた海藻」「次々と大波が―・げてくる」

  1. 《太鼓を打ち終える意から》芝居や相撲などの興行を終える。「当地の興行は明日で―・げる」

  1. 《手を打ち、歌をうたうところから》宴会をする。

    1. 「七日七夜 (なぬかななよ) とよのあかりして―・げ遊ぶ」〈宇津保・藤原の君〉

    1. ㋐上げる。また、勢いよく上げる。

      「若き人のある、まづおりて簾 (すだれ) ―・ぐめり」〈・宿木〉

    2. ㋑射ようとして、弓を高く差し上げる。

      「弓―・げて、引かんとする所に」〈曽我・八〉

    3. ㋒声を張り上げる。

      「我も声を―・げて」〈堤・虫めづる姫君

出典:青空文庫