• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、農地の少ない山村などに対し、検地をせずに、その村落全体をひとつかみにして大ざっぱに見積もった石高 (こくだか) 。