中途でこわれて落ちている橋。

「二人は―の上迄来て留まった」〈漱石虞美人草

[補説]書名別項。→断橋

岩野泡鳴の長編小説。明治44年(1911)発表。北海道の放浪生活をもとに描いた長編五部作の一。

出典:青空文庫