1. 脊椎動物嗅覚 (きゅうかく) の受容器。哺乳類では顔の前面中央に突き出て、左右二つの鼻孔があり、内部の鼻腔に嗅覚器が分布する。また、呼吸器官の始部をなし、発声を助ける働きもする。「鼻がつまる」

  1. 《鼻をさして示すところから》男性が自分自身をさしていう語。おれ。

    1. 「千少の口明け、この―にさせてくれ」〈浮・禁短気・三〉

芥川竜之介の小説。大正5年(1916)発表。「今昔物語」に取材。巨大な鼻をもつ禅智内供 (ぜんちないぐ) の心理と、傍観者の利己主義を描いた、作者の出世作。