• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《頭を旋 (めぐ) らす意で、下3句が上3句と同じ句形を反復するところから》和歌の一体。五・七・七・五・七・七の6句を定型とする歌。片歌 (かたうた) の唱和から起こったといわれ記紀万葉集などにみえる。双本歌 (そうほんか) 。双本 (ひたもと) 。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉