• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

谷崎潤一郎の小説。昭和8年(1933)発表。美貌 (びぼう) で盲目の琴三弦師匠、春琴に仕える弟子の佐助の愛と献身を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉