• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

久保田万太郎の短編小説。大正6年(1917)「新小説」誌に発表。落魄 (らくはく) していく下町の芸人たちの生活を哀感を込めて描く。続編に、大正7年発表の「老犬」(のち「続末枯」に改題)がある。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉