• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明治2年(1869)東京からの入植者によって開拓された下総台地上の土地。江戸幕府の直轄地だった放牧地に、政府が明治維新で失職した武士などを入植させたもの。松戸から佐倉八街 (やちまた) 香取まで広範囲にわたる。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉