• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仮名草子。6巻。浅井了意作。万治年間(1658~1661)の成立。僧侶の楽阿弥と連れの青年が狂歌やしゃれをおりまぜてつづる、江戸から京都までの道中記。駅間の里数・名所旧跡・産物などを詳細に記載。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉