クスノキ科の常緑高木。暖地に自生し、高さ約20メートルにもなり、長命。葉は卵形で表面につやがある。5月ごろ、黄白色の小花を密生し、実は熟すと黒色。全体に香りがあり、樟脳 (しょうのう) をとる。クスノキ科の双子葉植物は約1400種が熱帯から暖帯に分布し、葉は主に常緑で、香りのあるものが多く、タブノキニッケイクロモジなどが含まれる。くす。