• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. カバノキ類に木肌が似ている桜の木。また、ウワミズザクラのことという。ははか。かにわざくら。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は蘇芳 (すおう) 、裏は赤花(「桃花蕊葉」による)。一説に、表は薄色、裏は濃い二藍とも。春、用いる。