• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安後期の説話集。6巻。大江匡房 (おおえのまさふさ) の談話を藤原実兼 (ふじわらのさねかね) が筆録したと伝えられる。長治・嘉承年間(1104~1108)ごろの成立か。公事・摂関家事などの有職故実・故事・説話などを収める。水言抄。江談。