江戸時代の小説の一種。天和2年(1682)刊の井原西鶴の「好色一代男以後、元禄期を最盛期として約80年間上方 (かみがた) 中心に行われた小説の一種。仮名草子一線を画した写実的な描写特色で、現世的・享楽的な内容好色物町人物武家物気質物 (かたぎもの) などに分けられ、西鶴以後は八文字屋本中心。浮世本。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。