律令制で、囚獄司衛門府市司 (いちのつかさ) に所属し、刑罰の執行などに当たった下級職員。

上代の氏族の一。姓 (かばね) は連 (むらじ) で、大伴氏とともに大和朝廷の軍事・警察をつかさどった大豪族。6世紀後半、仏教受容をめぐって蘇我氏と対立し、守屋蘇我馬子と戦って敗死、一時衰えたが、奈良時代に一族の石上 (いそのかみ) 氏が復活。