• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古墳時代の石製の腕輪。主に碧玉 (へきぎょく) 製で、内径5~6センチ、外径7~8センチの環状に作られる。実用のものと、宝器としたものとがある。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉