1. 陽炎 (かげろう)  春》「―に結びつきたる煙かな/芭蕉

  1. 糸遊結び」の略。

    1. 「―などの末濃の御几帳」〈栄花・音楽〉

[補説](1)語源未詳で、歴史的仮名遣いを「いとゆふ」とするのは、平安時代以来の慣用。(2)「糸遊」は和語「いとゆふ」が陽炎の意の漢語「遊糸 (ゆうし) 」の影響を受けてできた表記。(3)晩秋の晴天の日にクモが糸を吐きながら空中を飛び、その糸が光に屈折してゆらゆらと光って見える現象が原義で、漢詩にいう遊糸もそれであるという。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[春/天文]の季語