1. つなぐこと。また、つなぐもの。「顔—」

  1. 次の事が始まるまでの時間をうめるために何かを行うこと。また、そのもの。「—の仕事」「場—に手品をする」

  1. くずれやすいものや粘りけのないものを固めるために混入するもの。そばに入れるヤマイモなど。

  1. 上下がつながっている作業服。また、その形の一般用の服。

  1. ヘッジ

  1. 歌舞伎で、場面転換のとき、音曲や拍子木の音などで幕間をつなぐこと。また、俳優が扮装 (ふんそう) を変える間、ほかの俳優の演技音曲でつなぐこと。

[社会]の言葉

[経済]の言葉

[演劇・映画]の言葉

[歌舞伎・浄瑠璃]の言葉

[生活]の言葉

[料理]の言葉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月