• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

塚本邦雄による斎藤茂吉の歌論。全5巻。いずれも茂吉の作品から100首をとりあげて、評釈をつけたもの。第1巻の「『赤光』百首」は昭和52年(1977)刊行、最終巻の「『霜』『小園』『白き山』『つきかげ』百首」は昭和62年(1987)刊行。