• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 平安時代ごろから、上流の婦人が外出するとき、顔を隠すために衣をかぶったこと。またその衣や、それをかぶった女性。中世以降は単衣 (ひとえ) 小袖 (こそで) を頭からかぶり、両手で支えて持った。かずき。

    1. 「―を脱がせて、おもてをあらはにして」〈著聞集・一二〉

  1. 鰯 (いわし) をいう女房詞