• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 金製のふだ。また、金色のふだ。

  1. 江戸時代、諸藩が発行した金貨代用の紙幣。

  1. 明治初年、政府が発行した金貨代用の紙幣。太政官札 (だじょうかんさつ) 民部省札の2種。

  1. 閻魔 (えんま) の庁浄玻璃 (じょうはり) の鏡にかけて善人と悪人を見分け、極楽に送る善人の名を記したという金製の札。金紙。→鉄札

謡曲。脇能五番目物喜多以外の各流。観阿弥作。桓武天皇の勅使が神社創建のため伏見へ行くと天から金札が降り、天津太玉神 (あまつふとだまのしん) が現れて、悪魔を祓 (はら) い御代を祝福する舞を舞う。