• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

洒落本。1冊。山東京伝作・画。寛政3年(1791)刊。角書は「青楼昼之世界」。遊郭の昼間の情景に取材し、遊里の内情、遊女の生活などを精細に描写。同年刊「仕懸文庫」「娼妓絹籭 (しょうぎきぬぶるい) 」とともに絶版を命じられた。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉