1. 年長であること。目上であること。また、その人。「長上に敬意を払う」

  1. 律令制で、毎日出仕する官の総称。交替で勤務する番上 (ばんじょう) に対していう。長上官。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫