1. 音が広がり伝わること。また、その音。「心地よい室内楽の響き」

  1. ものに反射して聞こえる音や声。反響。「壁面にはね返る響き」

  1. 余韻。残響。また、耳に受ける音や声の感じ。「鐘の響き」「優しい響きの言葉」

  1. 振動。「山々を揺るがす雪崩の響き」「地響き」

  1. 他に反応・変化を生じさせること。影響。「物価上昇の響き」

  1. 世間の評判。

    1. 「春宮の御元服、南殿にてありし儀式よそほしかりし御―におとさせ給はず」〈・桐壺〉

  1. 連句の付合 (つけあい) 手法の一。前句と付句との間に切迫・緊張した気分の呼応を感じさせる付け方。特に、蕉風で用いられた。

    1. 「うつり、―、匂ひは付けやうの塩梅 (あんばい) なり」〈去来抄・修行〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫