律令制で、諸道の30里(約16キロ)ごとに置かれた施設。駅馬を置き、駅使に食料・人馬を供する駅長駅子 (えきし) がいた。財源として駅田が給与された。えき。→駅 (えき) 駅制