[名・形動]

  1. 細かく打ち砕くこと。粉みじんになること。また、そのさま。

    1. 「やわな謡 (うたい) は断 (ちぎ) れて飛ぶじゃよ。…唸 (うな) る連中―じゃて」〈鏡花歌行灯

    2. 「身を―にして働いた」〈中勘助・鳥の物語〉
  1. さんざんな目にあうこと。また、そのさま。

    1. 「荒尾君の作などは毎 (いつ) でも―に軽蔑 (けな) される」〈魯庵社会百面相

出典:青空文庫