• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戊辰 (ぼしん) 戦争の発端となった内乱。慶応4年(1868)1月、大坂在城の幕兵および会津・桑名の藩兵が、徳川慶喜 (とくがわよしのぶ) を擁して鳥羽・伏見で薩長軍と戦ったが、幕府軍が敗退し、慶喜は江戸に帰った。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉