• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 村上天皇の時、清涼殿前の梅が枯れたので紀貫之 (きのつらゆき) の娘紀内侍 (きのないし) の家の梅を移し植えたところ、枝に「勅 (ちょく) なればいともかしこしうぐひすの宿はと問はばいかが答へむ」という歌が結んであり、天皇はこれに深く感じて梅の木を返したという、拾遺集大鏡などにみえる故事。また、その梅の木。

  1. 梅の一品種。香りがすぐれ、花は白、または紅・白まじって咲く。 春》

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語