1. 口に出してとがめること。「社長のお―を受ける」

  1. 江戸時代、庶民に科した最も軽い刑罰。白州 (しらす) に呼び出してその罪をしかるだけにとどめたもの。軽重2種あり、重いものを屹度 (きっと) 𠮟りといった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫