1. 白い砂の州。

  1. 邸宅の玄関先や庭園などで、白い砂や小石の敷いてある所。

  1. 能舞台と観客席との間の、砂利を敷きつめた所。

  1. 《庭に白い砂利が敷かれていたところから》江戸時代、奉行所の裁きを受ける庶民が控えた場所。また転じて、奉行所・法廷。おしらす。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫