部首
(たけ・たけかんむり)
画数
14(部首内画数:8)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
7級
音読み
カン
訓読み
くだ [外]ふえつかさど

意味

①くだ。空中の細長いつつ。「管見」「気管」「血管」 ②ふえ。楽器の一つ。「管弦」「金管」「木管」 ③つかさどる。とりしまる。「管轄」「管理」「所管」 ④ふで。筆の軸。「彩管」

管の解説 - 小学館 大辞泉

[音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]くだ

学習漢字]4年

〈カン〉
  1. くだ。また、くだ状の容器。「気管血管信管土管導管配管試験管真空管

  1. 吹き鳴らす楽器。「管弦管楽器金管木管

  1. 筆の軸。筆。「彩管筆管

  1. 視野の狭いこと。「管見

  1. 担当の範囲を取り締まる。「管下管轄管掌管制管理移管主管所管保管

  1. 「管理」の略。「管財/食管・選管入管

〈くだ〉「手管

[名のり]うち・すげ

[難読]煙管 (キセル) 只管 (ひたすら)