アレクサンドルの解説 - 小学館 大辞泉

(1世)[1777~1825]ロシア皇帝。在位1801~1825。ナポレオンのモスクワ遠征を失敗させ、ウィーン会議では神聖同盟を提唱。
(2世)[1818~1881]ロシア皇帝。在位1855~1881。ニコライ1世の長男。農奴解放令発布など自由主義的改革を行ったが、のち反動化した。アラスカを米国に売却、日本とは千島列島を樺太 (からふと) (サハリン)と交換。ナロードニキのメンバーに暗殺された。
(3世)[1845~1894]ロシア皇帝。在位1881~1894。の次男。皇帝専制を行った。フランスと同盟を結び、バルカンに進出。フランス資本を導入して、シベリア鉄道の建設に着工し、ロシア資本主義の発展を図った。