• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

パウル・ツェランの解説 - 小学館 大辞泉

[1920~1970]ルーマニア出身のドイツ系ユダヤ人の詩人。第二次大戦中はナチス‐ドイツによって強制収容所へ送られたが生きのび、戦後パリに居住。象徴主義シュールレアリスムの影響を受けた。大胆で独自な隠喩で知られる。詩集「罌粟 (けし) と記憶」所収の「死のフーガ」では強制収容所の体験を綴 (つづ) った。他に「誰でもないものの薔薇 (ばら) 」「迫る光」など。ツェラン。

パウル・ツェランの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
ルーマニア
生年月日
1920年11月23日 いて座
没年月日
1970年4月20日(享年49歳)
別表記
ポール・セラン パウル・ツェラーン パウル・アンチェル Paul Antschel Paul Ancel