三島弥太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1867~1919]銀行家。薩摩の人。通庸 (みちつね) の長男。貴族院議員横浜正金銀行頭取を経て日本銀行総裁に就任するが、任期中に病死した。

[補説]徳冨蘆花の小説「不如帰 (ほととぎす) 」の登場人物、川島武男のモデルとしても知られる。

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉