• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中江藤樹の解説 - 小学館 大辞泉

[1608~1648]江戸前期の儒学者。近江 (おうみ) の人。名は原。字 (あざな) は惟命。日本陽明学派の祖。初め朱子学を修め、のち、陽明学を首唱して近江聖人とよばれた。熊沢蕃山・淵岡山 (ふちこうざん) はその高弟。著「鑑草」「翁問答」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉