• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

井上士朗の解説 - 小学館 大辞泉

[1742~1812]江戸中期の俳人・医者。尾張の人。名は正春。別号、枇杷園 (びわえん) 。俳諧を加藤暁台に学び、国学や絵画にも通じた。著「枇杷園七部集」「枇杷園随筆」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉