1. 江戸中期に興った、文献学的方法による古事記日本書紀万葉集などの古典研究の学問。儒教仏教渡来以前の日本固有の文化を究明しようとしたもの。漢学に対していう。契沖 (けいちゅう) を先駆とし、荷田春満 (かだのあずままろ) 賀茂真淵本居宣長平田篤胤 (ひらたあつたね) らによって確立。古学。皇学。

  1. 律令制下の地方教育機関。国ごとに設け、郡司の子弟に儒学などを教授した。

  1. 中国の殷 (いん) の制度で、国都に設けた学校。以後は国子監という。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

出典:青空文庫