• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仁阿弥道八の解説 - 小学館 大辞泉

[1783~1855]江戸後期の陶工。京都の人。清水焼を焼いて代々高橋道八を名のる家系の2代目。初代の次男。名は光時。仁和寺宮から「仁」の字を賜り、仁阿弥と号した。新旧の技術を修得し、琳派 (りんぱ) 風の意匠をよくした。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉