佐野次郎左衛門の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期の下野 (しもつけ) 佐野の農民。享保(1716~1736)のころ、江戸吉原の遊女八橋 (やつはし) を恨み、八橋ほか多くの人を斬った。この事件は吉原百人斬りといわれ、歌舞伎化された。特に「籠釣瓶花街酔醒 (かごつるべさとのえいざめ) 」が有名。