• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坂口安吾の解説 - 小学館 大辞泉

[1906~1955]小説家。新潟の生まれ。本名、炳五 (へいご) 。情痴・荒廃の世界を戯画的な手法で表現し、大胆な文明批評で戦後文学の代表者の一人となった。評論「日本文化私観」「堕落論」、小説「風博士」「白痴」など。

坂口安吾の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
新潟県新潟市西大畑町(現・中央区西大畑町)
生年月日
1906年10月20日 てんびん座
没年月日
1955年2月17日(享年48歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉