• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寺門静軒の解説 - 小学館 大辞泉

[1796~1868]江戸後期の儒学者・文人。江戸の人。名は良。通称、弥五左衛門。「江戸繁昌記」を著し、江戸を追放される。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉