• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山下清の解説 - 小学館 大辞泉

[1922~1971]画家。東京の生まれ。児童養護施設の八幡学園で貼り絵を始める。18歳のときに出奔、全国を放浪。数年後に戻るが、以降は旅をくり返す生活となる。優れた観察力と大胆な色づかいが高く評価され、「日本のゴッホ」と称された。

山下清の解説 - SOCKETS人物データベース

芸術家
出生地
東京府東京市浅草区田中町(現・東京都台東区日本堤)
生年月日
1922年3月10日 うお座
没年月日
1971年7月12日(享年49歳)