• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

川上梟帥の解説 - 小学館 大辞泉

日本書紀にみえる、景行天皇の時代の九州熊襲 (くまそ) の首長。小碓尊 (おうすのみこと) に殺されたときに、その強さをたたえて尊に日本武 (やまとたける) の名を奉ったという。古事記では、熊曽建 (くまそたける) の名を用いる。