• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日野俊基の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1332]鎌倉末期の公卿。後醍醐天皇に登用され、日野資朝らと討幕計画に参加したが、六波羅探題に探知されて、捕らえられた(正中の変)。のち、許されたが、元弘の変で再び捕らえられて鎌倉で斬られた。