• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日野俊基の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[?〜1332]鎌倉末期の公卿。後醍醐天皇登用され、日野資朝らと討幕計画に参加したが、六波羅探題探知されて、捕らえられた(正中の変)。のち、許されたが、元弘の変で再び捕らえられて鎌倉で斬られた。

[日本史]の言葉

[鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。