• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

村松友視の解説 - 小学館 大辞泉

[1940~ ]小説家。東京の生まれ。梢風の孫。編集者を経て執筆活動に入る。プロレスや芸能人をテーマにした独特な語り口の小説で文壇に新風を吹き込む。「時代屋の女房」で直木賞受賞。他に「鎌倉のおばさん」、エッセー「私、プロレスの味方です」「アブサン物語」など。

村松友視の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府(現・東京都)
生年月日
1940年4月10日(79歳) おひつじ座
別表記
村松友視

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉