• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

松井今朝子の解説 - 小学館 大辞泉

[1953~ ]小説家。京都の生まれ。はじめ歌舞伎の脚本、評論などを手がける。「吉原手引草」で直木賞受賞。他に「東洲しゃらくさし」「仲蔵狂乱」「似せ者」など。

松井今朝子の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の小説家。松竹での歌舞伎の企画・制作を経て退職後は武智鉄二に師事し、歌舞伎研究家、脚本家となる。『吉原手引草』で第137回直木三十五賞受賞。
出生地
京都府京都市
生年月日
1953年9月28日(65歳) てんびん座

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉