楊時の解説 - 小学館 大辞泉

[1053~1135]中国、北宋の儒学者。将楽(福建省)の人。字 (あざな) は中立。亀山 (きざん) 先生と称する。程顥 (ていこう) ・程頤 (ていい) に学び、その正統を継ぐ。朱熹 (しゅき) の学の祖といわれる。著「亀山集」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉